会長就任にあたって

この度、令和2年(2020年)5月より兵庫県細胞検査士会の会長を務めさせていただくことになりました。

最近の医学・医療分野は急速な進歩を遂げており、細胞診を取り巻く環境も急速に変化してきています。いま我々は、諸先輩方が積み重ねてこられた努力を基盤としながら、状況変化を速やかに把握し、ITを活用した情報発信など時代に即した対応を取る事が求められています。技師の資質向上や地位向上に向けて努力を重ねるとともに、次世代を担うCTの育成に積極的に取り組む必要があります。そのため、次に掲げる項目を重点課題として取り組みます。

@ 将来を見据えた細胞検査士会の体制創り

A 会員にとって有益な研修会や研究発表会などの学術活動

B ITを活用した一般の方および会員に向けての情報発信

C 近隣の細胞検査士会との情報交換による相互連携

D 兵庫県臨床検査技師会、医療職団体などの他団体との交流推進と相互協力

将来の細胞検査士の姿を見据え、これからの細胞検査士会を創りながら、会員の皆様と共に歩んでいきたいと考えています。会員ならびに役員の皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

令和2年(2020年)7月吉日

兵庫県細胞検査士会 会長 鳥居良貴